介護保険法の改正をご存知ですか

介護保険法の改正が、2015年(平成26年度)4月以降施行されます。今回は、仕組み自体が変わります。今までは、「要介護」と「要支援」に分かれていました。大きく変わるのは、要介護と要支援の担当を分けてしまう点です。要介護は今までどおりの介護保険。要支援は市町村が、担当となります。法改正の経緯は、簡単に言えば介護保険の「財政難」克服です。介護度の低い方は、家庭や地域で見ていく方向性です。すでに、認定済みの人は別として、新たに申請を行う人は混乱しやすいでしょう。申請の受付窓口は、変更ないはずですが、認定の結果を貰った後が変わります。「要介護」認定者の介護相談は、ケアマネージャー。「要支援」認定者は地域包括センターが窓口となります。新たに申請を行う際は、混乱も予想されますので早めの行動が必要でしょう。

Copyright©介護保険法 All Rights Reserved.

介護保険法