介護保険法が出来てから

介護保険法が公布されてから、65歳以上の高齢者が年々増えており要介護の認定者や介護サービスの利用者数は65歳以上の人口に比べて大幅に伸びております。介護サービスのうち、居宅サービス事業には民間会社の参入が認められていて、訪問介護、グループホーム、訪問入浴介護、福祉用具貸与などは株式会社の中心にシェアを占めています。介護保険法成立からサービスの質を上げる為職員のレベルアップだけでなく、法改正による施工を何度も行なっています。現状課題になってのを改善したり、認知症高齢者や一人暮らしの高齢者の地域を生活継続の支援を強化そして充実させること、利用者の残存能力を維持・改善させることを目的に介護保険法を取り入れております。

Copyright©介護保険法 All Rights Reserved.

介護保険法