介護保険法の内容について

介護保険法は20世紀末ごろに制定された法律であり、体の不自由な高齢者を対象に生活補助を行うためのものとなっています。この法律が制定されたことにより、体の不自由な高齢者が介護施設などを利用しやすくなっています。この介護保険法が制定される前には、怪我の増加や長期入院などにより医療費の負担額の増加につががっていました。このような問題を回避するために作られた法律でもあり、40歳以上の国民に対して保険料の負担義務があります。またこの介護保険法による給付を受けるためには、市町村による介護や支援が必要であると認定されることが条件となっています。この支給される金額については、要介護と認定された時に出る症状のレベルによって異なっています。

Copyright©介護保険法 All Rights Reserved.

介護保険法