介護保険法とはどんなものか

介護保険法というのは要介護の基準を定めたり、保険の詳細をなどを定めた法律です。この法律によって要介護のレベルを決定し、それに合わせた支援を行うこととなるのです。この支援というのは、公的な保険医療や福祉サービスのことを指します。具体的な支援内容はというと、保険金の給付という形になるのが通常です。つまり、この保険金の給付に必要な事項を定めるための法律とも言えるのです。また介護保険法は、要介護者のための施設やサービス等の基準も定めています。居宅サービス事業や、介護予防サービス事務所などがこれにあたります。こうした介護保険施設を行うためには、介護保険法に準じたものである上に、県の指定や認可が必要となります。

Copyright©介護保険法 All Rights Reserved.

介護保険法